Fandom

龍が如く ウィキア

土佐勤王党

43このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

土佐勤王党 (とさきんのうとう) とは、『龍が如く 維新!』に登場する、勤王攘夷を掲げる組織。歴史上に実在した組織でもある。

史実と同じく、武市半平太が盟主であり、彼が結党した。

"勤王攘夷" をかかげ、時代を憂う若き下級武士によって結党された一大勢力である。 勤王党本部では、訓練用のピストルの音が高らかに響き渡り活気に満ちている。 プロローグで、武市半平太坂本龍馬との再開を喜ぶと、龍馬を土佐勤王党の「筆頭」として迎えると宣言する。

土佐勤王党の血盟者と同志 編集

史実との違い 編集

史実では、龍馬は短い期間だけ土佐勤王党に所属していた。ゲームの設定では、龍馬のことを土佐勤皇党で盟主に次ぐ「筆頭」として迎えると宣言しているが、そのような記録は史実には残っていない。

また吉田東洋とは政治的イデオロギー面で対立し、土佐勤王党は吉田東洋を暗殺してしまう。

外部リンク 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia