Fandom

龍が如く ウィキア

鈴木三樹三郎

43このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント1 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

鈴木三樹三郎
SuzukiMikisaburo.jpg
データ
身分 新選組の九番隊隊長
年齢
ステータス
体格
身長
体重

鈴木三樹三郎 (すずき みきさぶろう) とは、実在する歴史的人物の鈴木三樹三郎をモデルにした、『龍が如く 維新!』の登場人物。新選組の九番隊隊長 (史実では組長) である。竹内良太が出演する。

ゲームでは非常に好戦的な性格で、かつ金に貪欲な男であり、新選組のことを殺戮を存分に楽しみ、金を得るための体の良い場所と考えている男という設定になっている。 その一方で自らの安全には人一倍執着し、懐には常に「切り札」を忍ばせているという。 剣の腕こそ確かだが、隊長としての適正には大いに疑問の残る男であり参謀の伊東甲子太郎の伝手 (つて) で隊長までのし上がったのではないかと陰口を叩かれているという。


史実との違い 編集

ゲームの公式サイトではとくに記述が見当たらないが、史実では彼は伊東甲子太郎の実の弟である。1968年3月には、その兄らとともに新選組を離脱し御陵衛士に所属する。兄が暗殺された後で乱闘を繰り広げ、薩摩藩に拾われ、鳥羽・伏見の戦いでは新選組と戦い、新政府軍に加わったり、警察署長になるといった経歴をも持った人物である。このようにして、切腹などで早死にが多い新選組の中でもなんとか生き延びて大正8年 (1919年) になる83歳まで生き延びた。ゲームでは隊長としての適正に大いに疑問の残る男とされているが、史実によれば、彼は「九番組長」を務めた後で降格させられている。その理由としては、彼が丁寧な性格だったからだとされている。

外部リンク 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia